HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀愁のあるおっさん

[さや侍]  (2011)

さや0

監督/松本人志 出演者/野見隆明/板尾創路/伊武雅刀


ダウンタウン、松本人志の映画監督作品第三作。一作目の「大日本人」は見ましたが、二作目の「しんぼる」は見てません。「大日本人」がおもしろかったので松本本人は出演していませんが期待してましたが、なかなかおもしろいです。

娘と共に逃亡中であった脱藩浪人、野見勘十郎は追っ手に捕まりお殿様から「三十日の業」の言い渡されます。
「三十日の業」とは若君を笑わせることでもし三十日間にだめな場合、切腹しなければならないという試練です。


主演の勘十郎役はまったくの素人さんを起用。以前、あるインタビューで松本は笑いのテーマに"哀愁のあるおっさん"を使うの好きだと言ってました。過去のコントでも度々"おっさん"を登場させてますが、この素人さんはそのイメージにぴったりだったんでしょうか。自分で演じず、あえて笑いの素人を使ってきました。

子連れや必殺のパロディも時代劇好きの松本のオマージュなんでしょう。

娘と共に勘十郎の三十日間の戦いが始まりました。バカバカしい芸の連続です。ついには見張りも加わってネタ作り。もの芸から罰ゲーム大道芸までじわじわと笑えます。

さや1 さや2さや3

練習風景がフリで「切腹」がオチなんでしょう。しまいには一般公開になります。
この時代にも娯楽はいろいろあったでしょう。やっぱり笑いは昔から共通の楽しみなんですね。

今回の映画は笑い推しだけではありませんでした。後半にはシリアスな展開に変わります。

特に辞世の句の表現は斬新で泣けました。

さや6

決して素晴らしいとはいえない作品ですがおっさんの刹那さや哀愁を見事に表現しています。素人起用で良かったのかもしれません。


他の映画の批評、感想ブログではあまり評判はよくないですが、難しく見ないで吉本新喜劇を見てる感覚でいいと思いますよ。

[高画質で再生]

さや侍 [動画]

<関連記事>

「大日本人」予告CM




スポンサーサイト

テーマ : 邦画    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。