HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独特のサスペンス映画

[No Country for Old Men]  (2007)

のーカントリー1

監督/コーエン兄弟 出演/トミー・リー・ジョーンズ/ハビエル・バルデム/ジョシュ・ブローリン


非常にバイオレンスな映画です。暴力的な映画にもかかわらず、あのアカデミー賞を4部門獲得しています。

ただその辺のバイオレンス映画とは異質な雰囲気を持つ作品で、初めて見てもほとんどの人が意味不明です。バイオレンス好きの方には不十分に感じるだろうし、ストーリー重視の方には難解すぎと感じます。

その一番の原因は主役の保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の存在とラストシーンです。

no2.jpg

この映画の中心人物は殺人鬼シガー(ハビエル・バルデム)とそのシガーに追い込まれ行くモス(ジョシュ・ブローリン)です。ベルの立場は捜査を担当する敏腕刑事というよりは傍観者的な立場です。唯一の行動はシガーからモス家族を避難させる位で特に大立ち回りもありません。


そんな人がこの映画では主人公です。見る側に共感できる部分が一つもありません。だから映画を見ても?となりさっぱり理解できなくなります。最低3回位見ないと全体像が理解できない位です。

映画は冒頭ベルの語りから始まり、この映画がベルの物語であることが解ります。そして怪しすぎる風貌のシガーの殺人シーンを繰り返して見せます。

no2 (4)

しかも家畜銃なるものを使用し簡単に殺します。不条理で動機もなく殺人行為を繰り返しますが彼の中には何か"生死のルール"みたいなものがあり、それに従い行動を起こしているように見えます。
人間の倫理観を一切含まない独自のルールに従って行動する様は恐怖そのものです。

映画はシガーの行動を中心に展開していきます。関わる人を次々殺戮します。また重症を負って自ら治療するシーンは長尺で撮られています。意図は"無敵"のイメージか。肉体は負傷しても自ら再生能力を持つ圧倒的な生命力をもつ存在をアピール、同様の場面はラストに近い場面にもあります。

no (3)

no (2)

後半には殺人シーンもほぼ省略され、彼と関われば死んでしまうというイメージを植え付けます。

no2 (5)

こんな人間に追われればモスは逃げ切れるはずもありません。しかし彼は何か自信があるように見えます。というよりこの逃走劇を楽しんでるようにも見えます。その自信の根拠はベトナムの戦地体験からくる経験からかもしれません。

no2 (2)

この追走劇にベル保安官の関わりは管轄内で発生した事件を淡々と捜査するだけであり感情的でもなく異常な殺人行動に逆に呆れて手のうちようがないという状態です。

ベルの関わってきた過去の事件とは異質であるこの事件は現代の動機を持たない狂気の犯罪そのものです。時代の変化に合わせてますます凶悪化していく犯罪に保安官としての自分の力量に疑問を持ち始めたベル。

そして今の自分に出来る事として判断したのが"これ以上犠牲者を出さない"というモスの救出でした。

結局、誰一人として救出できなかったベルは保安官の引退を決めます。シガーは関わる人間を皆殺しにして消えていきます。

普通に歩いて消えていくシガーを見ているとそれは現代の闇の象徴のように見えこの先も延々彼は存在していくみたいに感じてしまいます。それは視聴者に悪は消えないというあきらめをイメージさせてるようです。

そして難解で意味不明のラストシーンであるベルの夢の語り。

普通、危険な事から逃れた人間なら晴れ晴れとした表情です。
でもこの時のベルの表情はどうでしょう?

no (5)

劇中、彼の父親や叔父は保安官としてどんな不条理な事件であろうとも命を懸けて対処してきたという過去があり、ベル自身もそんな先代の誇りに憧れこの職に進みました。しかし今のベルは異常な事件から逃げるように引退し平穏に暮らしています。

夢の内容から自分の下した判断が正しかったのかどうなのか、どうすべきかを自分に問いているかのように見えます。

映画の中盤シーンにあるベルとシガーのニアミスシーンはベルが先代の血を受け継ぐ勇気を持つ人間である事からもこの夢で自分にもう一度問いかけるという行動は理解できると僕は考えます。多分、このベルの対比として"立ち向かう"モスという存在が描かれているんでしょう。

no2 (3)

この辺の解釈は人それぞれでどう思うかは見た本人に委ねられています。ネット上ではいろんな解釈が見れます。それを見るのもおもしろいですよ。

さらに現実世界でこの映画の舞台であるテキサス、メキシコ北部は世界で最も治安の悪い地域です。この地域に根付いている犯罪の歴史みたいなものも感じとる事もできます。

僕はコーエン兄弟の作品はこれが初めてです。特徴は起承転結のストーリー展開が見えないか、わざとそう見せないか。またBGMがありません。だから映画が淡々と無機質に進んでいく感じです。

映像もわずかな光を巧みに使うを使うシーンが多くあり、

no (7)

カットもアップと俯瞰映像が劇中何度も使われ、まるで小説を映像で見てる感覚になります。

no (4)

no.jpg

なかなか手の出しにくい作品ですが見る価値は十分あると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

最凶の悪人

[ダークナイト] (2008) PART2

bat223 (4)


前回、ジョーカー心の操作について書きましたが、それではバットマンはどうでしょうか?

バットマン(クリスチャン・ベール)も定義通りのヒーローです。さらに彼なりのルールもあります。夜のみ行動して、決して悪人でも人殺しはしません。あくまで警察への協力者の立場で行動します。

正体は大金持ちのボンボンです。なぜ正義の味方になったのか?はこの前作[ビニギング]で触れられています。その財力でとんでもない武器すら容易に作ります。

いわゆる世間に認められた非公認の警察官みたいなものです。

もう一方、ハービー・デント(アーロン・エッカート)という地方検事の活躍も描かれます。こちらは法律という武器で悪と対峙する公認のヒーローです。

bat223 (5)

街をパニックにして攪乱するジョーカーはデントも巻き込んでいきます。バットマンとデント、警察の三者の協力でジョーカー捕捉に成功しますが彼の目的は警察の崩壊です。街の治安部の破壊でさらにパニックへと誘います。

ここでのバットマンジョーカーの問答は象徴的なシーンでもあります。

バットマン自身の存在が凶悪の源であり、ジョーカー自身と同類であると説きバットマンの心を揺さぶります。

bat223 (8)

正義のヒーローが悪者の言葉で苦悩します。こんな事ヒーロー物にはありません。その結果、非正規な手段まで利用してジョーカーと対峙します。

bat223 (2)

さらにデントには彼女の殺害から人の信用なんかなく裏切りに満ちていると説き、悪へと誘います。
その結果、デントは悪人トゥーフェイスになります。正義の検事が堕ちてしまいます。


bat223 (3)

ある意味、ジョーカーの思い通りの展開になります。ジョーカー自身はバットマンが自分のルールに従うなら殺される事もないし、例え殺されてもバットマンのルールは崩れ、人々の批判も更に増幅させることができます。さらに検事も殺人鬼にしてしまいました。

これでもかと言わんばかりに仕掛けてくるジョーカー恐怖そのものです。この悪役っぷりはそれまでのジャック・ニコルソン版ジョーカーを超えてます。

bat223.jpg

bat223 (6)

結局、バットマン自身がヒーローである事を全否定して警察に追われる身になることで物語は終幕します。

決して気持ちの良い終わり方ではありませんが、ただのヒーロー物にはしない映画とした監督のコンセプトは貫かれています。

そうこの映画にはヒーローはいませんでした。

ラストシーンでのジョーカーに対するットマンのあきらめの表情はヒーローがしてはいけない顔です。

bat223 (7)

この問題作の続編は一切ストーリーは伏せられていて予告しか見れませんが、このバットマンがどうなったのか?はもの凄く興味があります。来月、見に行きます。

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

新作公開間近の映画

[ダークナイト] (2008)

bat (1)

監督/クリストファー・ノーラン 出演/クリスチャン・ベール/ヒース・レジャー/アーロン・エッカート


来月に公開が始まるバットマンの新作を期待してその前作であり問題作であるこの映画を紹介しましょう。

bat (2)


アクションヒーロー物には絶対的なきまりがあります。"勧善懲悪"の理念です。

間違いない正義のヒーローと間違いのないが対決して絶対に正義が勝利するという定義はブレる事はありません。
登場する正義のヒーローは世間が受け入れやすく見た目もよくなければいけません。対する悪者は見た目から悪く隙のない悪の心をもつものでなければなりません。

ヒーロー絶対正義の為、人間がベースとなり負けることない凄い力や武器は最低限必要になります。

bat.jpg


対する悪者絶対悪の為、怪獣や怪人等の人の心を持たないものがベストですが最近の傾向では悪の心を持つ人間(テロリスト等)もヒーローと同等の力を持つ武器を駆使すれば十分、敵となりうる存在になります。動機は世界支配、金、などの欲望成就となります。

長くなりましたがこれらがベースのヒーロー物の定義の矛盾をつく映画がこの[ダークナイト]と思います。

アメリカの絶対ヒーロー"バットマン"がベースですがタイトルにはその名もなく最初から終わりまでタイトル通りのイメージを貫いています。これはこの映画にヒーローはいないという暗示にも思えます。


そこそこ長い映画なのにこのイメージをだらけさせる事なく最後まで飽きません。これは制作スタッフや演者の力です。ジャンルはヒーロー物ですが立派な大人向けアクション映画の名作です。

この映画に登場する絶対悪ジョーカー(ヒース・レジャー)でこの映画の主人公といっても問題ありません。

bat (3)

ジョーカーの目的は世界を恐怖が支配する混沌の世界を導く事でこの世界を支配する事ではありません。だから地位や名誉も関係ありません。

人の理性で抑えつけている悪の心を解放すれば人の力で世界は勝手に混沌の世界になる事をジョーカーは知っています。たいした武器などは必要いりません。彼の最強の武器は心の操作です。

よくよく考えたら心の操作究極の武器です。良い方へ導けば平和な世界へ。悪い方へ導けば混沌の世界へ。核兵器も使用するのは人間です。その人の心さえ操れば絶滅させることも、発射することも可能です。

欲望を持たない、ただの導き人であるジョーカーのような定義外の悪者に定義に収まるヒーローの対決は成り立たないんです。

彼は人の心の変化が起きる状況を作り傍観することを繰り返し起こしていき人の心の変化を導きます。そうバットマンに対する人の心を変えてしまう、言い換えれば正義のヒーローの存在は悪を増幅させているんじゃないか?と心を操作します。

最強のヒーローに敵対する悪者はますます凶悪化していき、死人もますます増大している現実を人に解らせる事でヒーローの概念は正義ではなく迷惑というように変化します。

ヒーロー物では目をつぶるべき矛盾をついています。

客観的にヒーロー物批判の映画なら解りますが、ヒーロー物映画の中でこの矛盾の指摘をするこの作品は斬新すぎます。

このジョーカーバットマンはどう対応していくかは次回へ。

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

アクションバイオレンス?

[デス・プルーフ] (2007)

desu1 (1)

監督/クエンティン・タランティーノ 出演/カート・ラッセル


タランティーノ監督の嗜好を詰め込んだ作品なんで、監督好きならハマるけど興味ないなら見ない事をすすめます。

以前、紹介した[レザアボドックス]同様、特筆するストーリーはありません。アクションバイオレンス仕様ですがそこもたいしてこだわりを感じません。その要素を使うほうが監督の嗜好を描写しやすいからでしょう

基本は監督がおもしろければ良し、興味ないなら見なくていいよ!というスタンスで映画製作し続ける姿勢はブレてません。

アメリカの70年代から80年代頃のB級映画風のフィルム加工なんかカッコイイです。(突然切れたり、モノクロになったりと...)
怪しい雰囲気のオープニングで始まりますが映画の大半はギャルのガールズトークです。


殺人マシーンを操るスタントマン・マイク(カート・ラッセル)も筋金入りの凶悪犯ではなく度が過ぎる悪乗りのおっさんです。

desu1.jpg

だから重い作品に見えて実は少しも重くない軽い感じに仕上がってます。タランティーノ映画特有のエグイ殺人シーンはありますが。


お気に入りは女優陣のエロさ加減とアメ車の数々。

desu2.jpg

desu1 (2)

特に武骨なアメ車は現代の洗練された車よりも魅力を感じます。早ければ見た目はどうでもいいという感じです。

さらっと終わるエンディングの爽快感や使用される音楽のセンスの良さ。
この監督の映画サントラはそれだけでも十分よく出来ています。


desu1 (4)

これからもブレる事なく意味ない映画をどんどん作って欲しいです。期待してます。

[高画質で再生]

デス・プルーフ(Death Proof) [SEO対策]

テーマ : ★おすすめ映画★    ジャンル : 映画

謎だらけのラストシーン

[野獣死すべし]  (1980) PART3

images55.jpg


ここから終盤。洞窟のシーンから問題のラストシーンへ。

松田優作の一人芝居のボルテージは上がります。

yu (3)

トリップ中の伊達は夢中で戦地の悲惨な思い出を語っています。

その間、夢中で死体の写真を撮り続けています。この矛盾な行動。

この間に悲惨な写真のカットイン。

yuusa (2)

演劇のような演出と映画の編集の演出がミックスされたこの不思議なシーンのせいで尚いっそう伊達の不気味さが増していき、とどめの「天上天下唯一独尊のポース。しかも逆手で表現しています。

yu (5)

これは指示演出か?アドリブか?どっちにしろたまげた演技です。何を意味してのポーズなんでしょうか。

僕の勝手な解釈はインテリ人間がニーチェの思想を原体験、検証した結果、彼の有名な"善悪の彼岸"を実証した象徴か?または「天上天下唯一独尊」の誤訳の正統性か?謎めいた演技はおもしろいです。

ここで演劇は終わります。ここから問題のラストシーン

クラシックコンサートの間に眠ってしまう伊達
目が覚めると誰もいません。そうあの"リップバーンの話"と同じ状況。

そして奇声を二発。

yu.jpg

外に出ると銃声!

yu (4)

殺したはずの柏木が現れ、ぶっ倒れる伊達。

yu (6)

俯瞰の乱れた映像。

yu (2)

エンドロール。

謎だらけです。洞窟シーンで終われる事も出来たのになんでこのシーンがラストにあるのか?

このシーンの解釈はいろんな意見があってそれぞれ納得出来たり、出来なかったりといろいろです。

僕も勝手な解釈をするとこの映画は道徳教育の為の架空の話でこんな間違った考えの人間は最後には抹殺されますよ。(タイトル通り)
というニーチェが言うところの絶対多数側の信仰の道徳のおしつけする教育ビデオを見せられた感じ(最後の粗い映像はフィルムの切れ目みたいな)です。

それを異端側を敢えて美化することで世間の道徳を皮肉った映画かなと。かなり斜めな解釈ですけど。
まあ、一般的には夢オチという見方でつじつまがあうんですけど、今回はニーチェにこだわったんでこんな解釈になりました。

すでに30年たってもこうしていろんな見方が出来るこの映画は傑作であり、松田優作は名優であるというのは絶対多数と思いますが。


テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。