HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブラーへ!

[カイジ 人生逆転ゲーム] (2009)

カイジ1

監督/佐藤東弥 出演/藤原竜也/香川照之/天海祐希


これまた漫画原作の実写化です。最近の漫画は内容がしっかりしている(取材や事実の裏付け等)為、へたな企画物の映画よりもよりリアルで見応えあるものが増えてきています。一昔前はひどかったですが。

この「カイジ」も好きな作品でしたのでなかなか楽しめました。
作者は福本伸行でギャンブルに関わる人間模様を描いた漫画で、作品中に出てくる奇想天外なギャンブルや人間の心理描写が非常におもしろいです。僕も少しはギャンブルをするので共感できる部分があります。


映画での主役、伊藤開司役は藤原竜也です。この人、最近ドラマには出ず、メインは舞台か映画です。若いのに筋が通っていて好きな俳優の一人です。歳とれば渋い役もこなしそうです。

カイジ9

この映画の舞台はおおきく二つあり、それぞれで危険なゲームに挑戦していきます。

1.「希望の船」

エスポワール(希望という意味)という名の船内にて人生を変えようとする負債者を集めて行われる"限定ジャンケン"

カイジ4

ここで主催者側の代表としてあらわれる利根川役に香川照之。淡々と説明する冷静さと、負債者たちをとことん罵りまくる過激さの演技は圧巻です。漫画の利根川よりも悪党です。この戦い、映画では大部分が変更されていて、このゲームのおもしろさは漫画のほうが的確です。

カイジ3

このゲームで負ければ更に負債を抱える為、醜い争いが展開します。"正直者が馬鹿を見る"人助けをしたカイジは地下の強制労働施設に入れられます。ここでも仲間同士の騙しあい。この場面は人の欲望に対する意思の弱さを露骨に表しています。

この世の地獄です。

この地下の強制労働施設を脱出する唯一の方法が次の舞台です。

2.「絶望の城」

金持ち達の見世物としての超高層ビル間の鉄骨渡り(別名:ブレイブメンロード)を経て唯一の生き残り、カイジは利根川と"Eカード"で勝負します。

カイジ6カイジ7カイジ8

強敵、利根川との心理戦勝負に苦戦しますが、悪徳金貸しの遠藤(天海祐希)の助けを借りて、いかさまを見抜き無謀な作戦で勝利します。カイジは解放、利根川は逆に地下へ...

カイジ11

絶対的な勝ち組に対して負け組のカイジがほんのわずかのツキをたぐりよせ勝つ!ここは痛快ですが...
所詮、瞬間的な運に変わりありません。


カイジ12

ギャンブルをやる人なら誰もが経験した事があると思いますが、何をしても読み通りのツキのある時、今日はとことん勝てるんではないのか?という何の根拠もない絶対的な自身と安心感、その反対に、負けまくって限界を超えてしまう、情けない自分と圧倒的な絶望感
この繰り返しという現実

カイジ2

自分では感じ、解っていることを的確に遠慮なく言い放つ利根川の演説は僕な心情をナイフでえぐる感覚に感じ、しばらくギャンブルを控えようと感じました。

[利根川の名言] 「 泣き言で人生が開けるか…!語ってどうする…?いくら語っても状況は何も変わらない…!」

動画:カイジ2~人生奪回ゲーム~
カイジ2~人生奪回ゲーム~

<関連記事>

"限定ジャンケン"のゲーム詳細

"Eカード"のゲーム詳細








































スポンサーサイト

テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

名勝負!

[あしたのジョー] (2011) ~その2~

kako-uXVbOzvBmOe7QK8o.jpg

監督:曽利文彦 出演者:山下智久/伊勢谷友介/香里奈/香川照之


前回書いたとおり今回の映画はなかなかよく出来ていますが多少、設定には変更あります。
原作はかなり時代が古いんでそのままでは無理だったんでしょう。段平には無理がありますが....
やはりメインは対力石戦なんで大部分をはしょっています。少年院時代、デビューまでの苦闘などなかなかおもしろいエピソードがあるんですけどね。


ジョーの必殺パンチは「クロスカウンター」です。通常のパンチの倍以上の破壊力です。しかし対ウルフ金串戦では封じられていますが、凄い戦法で勝利します。ここは目が点になりますがとても好きな場面です。

jyo2.jpg

この試合で火がついた力石はジョーと戦う為に地獄の減量でウエイトを落とします。そこまでするか?と思いますがこの二人の因縁は少年院時代から続いています。お互いを認め合うライバルですから。この映画の為に実際に減量した伊勢谷友介はリアルです。

jyo3.jpg

ガリガリです。

二人の試合とその後については書きませんが名勝負です。

この漫画が大ブームの頃の日本は高度成長期です。野良犬のジョーが表舞台に這い上がって、強敵、力石と戦うさまは当時の日本とアメリカの関係みたいです。

今の時代にはジョーみたいなボクサーは時代遅れなんでしょうが、もっとギラギラしたボクサーを見てみたいです。辰吉みたいな......

ジョー9

女性には解りづらい部分もありますがぜひ見てみて下さい。
まだまだ書きたいこともありますが、またの機会にします。最後にアニメのエンディング曲を紹介します。これはぶっ飛びます。



動画:【映画】あしたのジョー
【映画】あしたのジョー









テーマ : この映画がすごい!!    ジャンル : 映画

大好きな「あしたのジョー」

[あしたのジョー] (2011)

ジョー1

監督:曽利文彦 出演者:山下智久/伊勢谷友介/香里奈/香川照之


原作はあの不朽の名作漫画「あしたのジョー」です。僕は当時、アニメで見ていました。同世代の男性にはかなり影響を与えた作品です。
しかし、今考えると内容はかなりアンダーグランドのような。なんせ舞台はドヤ街、孤島の少年院といった今では考えられない設定なんです。
ハングリー精神むき出しのジョーが、永遠のライバル、力石と出会いボクサーとして成長していくストーリーをこの映画はまたまた実写化しています。


ジョー4

漫画が良すぎるだけに、さて大丈夫か?.......

と思いきや、なかなかよく出来ています。

補足ですが実写化は今回が2度目なんです。(1970年に初実写化、当時としては漫画の実写化はかなり斬新)


1970年度版


ジョー役は山下智久、力石役は伊勢谷友介

ジョー5

映画ではジョーが段平おやじとボクシングに出会い、その後ライバル力石との試合までのストーリーが中心に再現されています。
どちらもなかなかいい感じですが、ジョーにはもう少し暴れて欲しかったです。だって漫画のジョーはかなりの悪い奴ですから。警官殴ったり、詐欺やったりと無茶苦茶ですから。ボクシングを始めるきっかけも単に、力石に喧嘩で負けたからです。


ジョーの師匠、丹下段平役は香川照之。漫画を意識しすぎてます。似た人を通天閣あたりで見た事あります!

ジョー3

映画主題歌はぜひあのアニメの曲を使って欲しかったです。あの曲は男ならみんな興奮しますから。



この曲の紹介で終わります。次回もやります。












テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

夏菜はかわいい。

[GANTZ] (2011)~その2

今回の[GANTZ]はネタバレ状態で紹介しています。どうもすいません。

さて、ネギの次はなんと「田中星人」です。
あの「田中星児」をオマージュしています。「田中星児」とは僕の幼い頃、テレビで大活躍していたNHKの歌のお兄さんです。チョコボールのCMでも有名です。子供達の人気者をあえて悪役にしてしまう、しかもロボとして!斬新すぎます。


gantz9.jpg

そして「仁王さん」!!

gantz5.jpgネーミングは「おこりんぼ星人」」怒ってます。

そして、千手観音、大仏様と日本の国宝をも悪役として登場します。確かに幼い頃、奈良で見た仏像の印象は「素晴らしい」では無く、「ウルトラマンに出てきた怪獣じゃないのか?」としか印象ありません。鹿のほうが感動しました。

これらのキャラは悪とは真逆の存在です。その辺が僕のツボです。(千手観音は半端なく強いし)

この映画の続編は紹介しません。この続きはぜひ漫画で確認して下さい。
出演者で一番の注目は夏菜です。ぴったりのキャラです。ベストショットです。


gantz8.png

最近、ドラマや映画の原作が漫画というのが増えてきました。それだけ内容の濃いものが多いんでしょう。でもワンピースだけは実写化して欲しいとは思いません。

動画:【映画】GANTZ

【映画】GANTZ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

4月20日はテレビでやるよ!

テーマ : ★おすすめ映画★    ジャンル : 映画

日本の漫画はすごいです。!

[GANTZ] (2011)

gantz1.jpg

この作品が映画化される前から漫画で読んでました。かなり夢中で読んでたんで、映画化には驚き、かなり期待していました。

この漫画を実写化できるのか?内容がかなり非現実的で暴力、性描写も多分に含まれています。

gantz2.jpg

その映画ですが、2部構成で時期を分けて公開され、その第2部で完結しています。漫画の方は今も続いています。
僕がおもしろいと思うのは、ある程度原作に沿っている第1部のほうです。第2部に関しては.......


今後、紹介する予定はありません!

やっぱり原作の濃い表現はキツかったんでしょうね。だいぶ抑えて表現してました。設定も若干変更してます。詳しくはWiki見て下さい。
漫画は進んでいくにつれて難解になっていきますが、当初は単純な話になっていて(悪い星人を倒してポイントGETみたいな..)
その辺を映画の第1部で見れるんで良かったです。


ぼくの一番のおすすめは敵の「○○星人」たちです。
ありえないキャラですが、なんだか愛着があり、怖い。そんな印象あります。
なんで?.....

多分、日本人なら誰もが知っている題材が元になってるからかなと。
大体、ネギなんてハリウッド映画で見た事ないし今後も登場しないでしょう。アメリカにネギがあるんでしょうか?フランス料理やイタ飯に使うんでしょうか?

gantz3.jpg

よく解りません。

次回もこの話します。


動画:【映画】GANTZ

【映画】GANTZ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。