HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の痛む映画

[容疑者xの献身] (2008)

kako-yWifkl0WYxeGzRsZ.jpg

監督/西谷弘 出演/福山雅治/堤真一/松雪泰子


監督はテレビドラマ版[ガリレオ]も手掛けていた西谷弘。同じ監督なのにまったく別物として制作されています。
映画タイトルに[ガリレオ]の表記が無いのもそういう意図があるからでしょう。

テレビのドラマシリーズのような派手な演出は一切無いんでガリレオファンにはもの足りないでしょうが、僕はこの[ガリレオ]のほうが好きです。


原作は東野圭吾の大ベストセラーです。

当然、主役は当然、湯川教授(福山雅治)。物理学の天才であり難事件の捜査協力はテレビ版とほぼ同様です。関わる事件の犯行動機には興味は無く、あくまで説明不可能な犯行を物理学的に証明することが第一という性格です。

福山雅治はそんなに演技がうまいとは言えませんが独特のくせのある演技があり、それがそのまま湯川教授のイメージ像を完成させています。でも今回は意識してそのイメージ像とは違う湯川教授を演技しているように見えます。
それは今回は科学で証明できない"愛"を証明しなくてはならないからです。これがこの映画のテーマだと言えます。


その湯川と対峙するのが数学の天才、石神(堤真一)です。暗く物静かなこの男は隣に住む母子家庭に起きた突発的殺人事件の隠ぺいの協力し、天才的な論理でアリバイを作成、捜査を行き詰まらせます。


捜査員の草薙(北村一輝)と内海(柴咲コウ)は湯川に捜査協力を要請しますが科学と無縁の難事件には興味はありません。しかし限りなく容疑者に近い人物、花岡靖子(松雪泰子)の隣人が大学時代の友人、石神であることを知るとこの事件に興味を持ち始めます。

この前半部分だけで「この映画はおもしろいかも」という期待値が跳ね上がりました。

捜査とは無関係に湯川は石神に接触。ただの親子に綿密なアリバイ計画は立てる事は不可能だが、天才の石神の協力したならば?という仮説をもとに石神の天才の能力を"リーマン予想の否定証明"を用いて検証。その能力に衰え無しを実証します。

x2.jpg

この"リーマン予想の証明"は数学界の最大の謎です。今から約150年前に発表され今だに証明されていない位の難問です。その否定証明のミスを6時間で見つけるとはまさに天才です。



湯川は内海と共に現場を再検証、そこから推理を展開します。しかし石神が関与する動機はわかりませんでした。



二度目の対面時に花岡の経営する弁当屋での石神の表情、初対面時の湯川の若さへの憧れから湯川は石神の花岡への恋心が事件関与の動機と睨みます。このあとの湯川の挑戦状のようなセリフに対する石神の何とも言えない表情、ここから二人の天才の戦いが始まります。


x2 (7)

x2 (4)

ここが前半部の一番の見せ場です。二人とも素晴らしい演技です。

石神の巧みな指示で花岡親子のアリバイは崩せませんでした。捜査方針のやり直しが始まりますが、湯川の良き理解者である内海と草薙は湯川の推理を信じています。
この時点で石神の作る問題の証明は湯川には解けませんでした。


この完璧な問題に新たな要素が加わります。それは花岡靖子の知人の存在です。この辺の描写は石神の激しい嫉妬と花岡の恐怖を表して二人の信頼関係のひびわれかのように視聴者へ思わせます。

このあと、湯川はあるヒントから問題を見破ります。
そして三度目の対面。ここで湯川は石神のトリック証明をほのめかしますが語りません。

お互いの友情を信じる湯川に対して友達はいないと言い切る石神。
ここで石神の今までの人生がどんなに寂しいものだったのかが解るシーンで大切なセリフです。

x1 (4)

この時、石神に何等かの変化が生まれたのかもしれません。何かを悟ったような爽快感を見せています。ここで新たな要素を加えた新たな問題を完成させたんでしょう。

x1 (7)

石神は花岡に最後の指示(二通の手紙)をした後、自首します。全ては花岡へのストーカー行為が動機の殺人と供述。物的証拠や殺害方法はすべて合致します。これが石神が作った新問題。完璧に花岡親子を救う方法です。
劇中同様、映画を見ている側の思い込みの盲点をつく。びっくりしますね。でもこのトリックはこんなものではありません。のちに解る全容を知ればさらにびっくりします。


この時の湯川の落胆シーンはどういう感情だったのか?

x1 (8)

最初の問題は見破っていましたがこの新たな問題を作り湯川を混乱させる。
多分、湯川はそれほどまでの花岡親子を守る執念の根本は何なのか?科学的に解明出来ない形而上学的な問題に湯川が初めて取り組む事を決意する重要な場面と感じました。


また数学者としての石神の作ったこの問題はこの終わり方が一番美しい形だったのかもしれません。拘束中の笑顔から感じました。

x2 (8)

仮想ですが三度目の対面時までは石神は本気で嫉妬していたんではないかと。湯川の友情を知った石神は人が持つ愛情の意味を悟り、冷静に花岡という女性の存在を問いなおしたんではないかと。もし雪山での対面が無ければ石神は違う行動をしていたのかも知れません。だから石神にとっての湯川はある意味、最も美しい問題作成の大きなヒントを与えたのかも知れません。

第四の対面。取り調べ室でのシーン。

x1.jpg

ここで湯川は最初の問題の証明をします。そして石神の執念の真意を確かめようと試みます。
したたかにかわす石神。でもその会話に湯川への友情が見えてきます。唯一の友と思える存在を石神は感じます。



ではその執念の真意とは?花岡へ最後にあてた手紙の内容。
人生を捨て掛けた石神の隣に越してきた花岡親子とのささやかな触れ合いに生きる喜びを持てたこと、そしてその家族を救おうとする無償の愛こそが石神の動機です。自分の人生さえも犠牲にする、まさにタイトル通りの献身です。


ラストシーン。連行される石神の前に現れる花岡。

x1 (6)

彼女の自首するという事に絶句し、泣きふせる場面。この映画の最大の名シーン

x2 (3)

ここでの堤真一は演技を超えています。まさに石神自身になっています。あの"慟哭"は完璧に救えなかった自身へのくやしさと花岡の愛からこみあげる例えようのない涙です。この声を聞く湯川もまた唯一、石神のくやしさを理解できる人物です。

湯川には石神の無償の愛までは追究できていないと思います。ただ"深い愛"という事しか。

最後の場面、湯川と内海の会話。内海のセリフから湯川は石神の本当の真理に触れたのかもしれません。

x1 (2)


最後まで見てずっと心が痛くなり続けた映画としてとても記憶に残った映画でした。


動画:容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

福山雅治の素晴らしいところはこの作品を理解し感じとって名曲、[最愛]を作った事です。実に深いです。


テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

最後まで一気に見てしまう!

[キサラギ]  (2007)

kisaragi.jpg

監督/佐藤祐市 脚本/古沢良太

出演/小栗旬/ユースケ・サンタマリア/小出恵介/塚地武雅/香川照之


この映画の出演している役者さんは上の5人しかありません。しかも1セットのみの撮影。
一年前に亡くなったアイドルの死の真相に5人のアイドルおたくが推理していくワンシチュエーションサスペンス。


kisa.jpg

感想はストレートにおもしろい。いい脚本といい役者が揃えばこんなに良いものが作れるんですね。

古沢良太もこのワンシチュエーションの設定はいつか書きたかったというように練りに練った脚本は素晴らしいものがあります。

一癖も二癖もある4人のキャラと話の廻し役に小栗旬

kisa (2)

この5人の絶妙な掛け合いが映画の核です。まるで芝居を見てるよう。

kisa (5)

kisa (3)

kisar.jpg

小栗旬以外はあくの強い演技で見てるほうはぐいぐい引き込まれていきます。でも小栗旬も後半、見せ場があります。

ストーリーを話すともったいないんで触れません。

しかしどうやって撮影したんでしょうかね。本気の芝居のように通しで演じたものを何テイクか撮って編集したのか、その中のベストテイクを使用したのかこのライブ感はぶつ切りテイクではできないような気がします。

随所に小ネタもあるなかなか憎い演出や無理やりぶち込むCG、最後にはどんでん返しと、おもしろいと思うアイデアをすべて掘り込んできます。そのチープ感も笑えます。

僕が好きなキャラは香川照之

kisa (4)

今や歌舞伎界の人となった方がこんな役してるのかという驚きと役者の心意気を感じ拍手ものですよ!

人にすすめたくなる邦画のNO.1の作品でしょうね。


[高画質で再生]

【映画】キサラギ(2007) []


テーマ : この映画がすごい!!    ジャンル : 映画

また何年後かに見たいです。

[レナードの朝] (1990) PART2

rena.jpg


この映画は実話を元に作られた作品ですが、それは監督スタッフが実話からインスパイアされた内容を映画化したフィクションです。

もう一人の主役、セイヤー医師をロビン・ウィリアムズが演じています。

renard (4)


この医師は元々は研究家であり臨床の医師の経験はありませんでした。性格も人付き合いの苦手なおとなしいタイプの人間です。
それは前半部を見れば解ると思います。人よりも科学のほうに興味があります。


renard (5)

しかしある患者の反応からこれらの患者が別の病気ではないのか?という疑問が起きます。研究家魂に火がついて"嗜眠性脳炎"にたどりつきます。さらに有効かもしれない薬"ドーパミン"を見つけます。

しかし医師としてレナードへの薬投与は間違いです。

副作用の症例が解らない薬の使用は疑問です。
セイヤー医師が長年、臨床の医師をしていたならこの薬は使用しなかったでしょう。

しかし研究家の考え方なら使用は理解できます。実験から結果を得る事の繰り返しで答えを導くからです。
いわば人体実験です。

セイヤー医師は患者やその家族と触れ合っていくうちに感情にまかせて投与する決断をするシーンは映画では美化されています。それは全体を通して貫かれていますが、作り手側からそこは触れないグレーの部分だからでしょう。


突然の回復をしたレナードとの会話シーンやその後の交流から二人には医師と患者から友人関係にも発展していきます。

renard (6)

それは薬の過剰投与に繋がります。

renard.jpg

renard (2)

結果"何もない世界"に戻っていきます。

唯一の救いはこのセイヤー医師をロビン・ウィリアムズが演じたこと。過剰な演技が売りの役者なら医師の行動は正しいとか受けとられがちになりますが、不器用な人間を演じるのがうまいロビン・ウィリアムズを起用したのは成功と思います。

その象徴的シーンはレナードの記録フィルムを見るシーンです。あの顔は自分の才能の評価か?または行き過ぎた行動なのか?自分に問いているように見えます。あのシーンが無ければきれいごとでまとめられた映画になったでしょう。

renard (3)

最後のシーン、セイヤー医師がそれまで影で支え続けた看護婦エレノアを誘うシーン。それとレナードの痙攣が止まるダンスシーンはリンクしています。

レナードは医師の力で元の状態へ戻り恋をします。彼女に触れた時に痙攣が止まるのは薬によるもではありません。自らの体から生じたドーパミンです。その瞬間は間違いなく生きています。

それまで人と関わる事のない不器用なセイヤー医師がエレノアを誘うのもレナードの治療で知る"その瞬間の生きてる実感"からです。

renard (8)

お互いは友情から得たものは"その瞬間の生きてる実感"です。これがこの映画のテーマです。


残念なのは実話からというフレコミです。ならこの医師の行動の良し悪しははっきり見せるべきと思います。
完全フィクションならばもっと名作にもなれたのに。


これでうまく伝えられたかはよく解りません。また何年かたってからうまく伝えてみたい映画です。


[高画質で再生]

映画「AWAKENINGS」(レナードの朝)字幕 [SEO]

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

久しぶりに正統派な映画を

[レナードの朝]  (1990) PART1

れ

監督/ペニー・マーシャル 出演/ロバート・デ・ニーロ/ロビン・ウィリアムズ


この映画は十年位前に友人に勧められましたが見るタイミングを逃してしまい、それから何年かたってレンタル屋で見つけました。
見た後、あの時見とけば良かったと後悔した思い出があります。
決して派手な作品ではなくどちらかというと地味ですが非常に優しい映画で名作だと思います。

実話に基づくストーリーですが実話とは思えない内容に初めて見る人はびっくりします。僕もびっくりしました。

この映画は主人公が二人います。難病に取り組む医師とその患者。
この二人の主人公の友情の物語。

全体として見ても十分感動できる映画ですがそれぞれの二人の側から見ればさらに深く感動できると思います。

まず患者の側の主役、レナードはロバート・デ・ニーロが演じています。

れ1

映画はレナードの少年時代の病気の発症から療養生活、医師と出会い驚異の回復~副作用による元の状態へという過程が描かれています。

この病気の原因はまったく不明でありその症状から精神分裂症のひとつではないかと思われていました。あるきっかけにその難病は嗜眠性脳炎という病名であり、治療薬としてドーパミン投与が有効かも知れない推測から医師はレナードに投与していきます。

デ・ニーロは病気の状態(いわゆる精神病患者のような)から普通の社会生活状態そして副作用から元の状態へ戻る過程を演じています。

これは見事です。というかよく演じたなと。

普通の役者ならば病気からの回復という演技はよく見かけますが、その先副作用から元へ戻る演技は見ていて痛々しいほど胸に伝わります。並の役者では出来るものではありません。

デ・ニーロの演技はどの場面で見ても印象的です。

病気から回復した時の表情や、楽しくて仕方のない毎日、恋に落ちた時。

れ3 (2)

れ3

そして自分の病気との葛藤。

れ4

極め付けの名場面。恋する人との別れのシーン。

れ4 (4)

ここまでの演技はこのシーンの完成の為にあると僕は思います。

素晴らしく泣ける、今まで見た映画の中では一番といえます。

ダンスしている最中に一瞬止まる痙攣。ここにこの映画の伝えたい事が詰まっています。

いちいちセリフにしないと視聴者に伝わらないような感動作よりたったひとつの小さな演技で伝えられる映画こそが魅力をもつ映画であり、そんな演技が出来る役者こそが名優だと思います。

彼はこの後"何もない世界"に戻ります。

れ4 (2)

でも以前のように知らないうちにではありません。全て理解したうえで戻るのです。その過程を記録する。全てはセイヤー医師との友情です。

れ4 (3)

デ・ニーロはギャングのボスや殺し屋だけで名優なのではありません。

次回はセイヤー医師(ロビン・ウィリアムズ)の側から見た[レナードの朝]はどういう感じなのか紹介します。

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

最凶の悪人

[ダークナイト] (2008) PART2

bat223 (4)


前回、ジョーカー心の操作について書きましたが、それではバットマンはどうでしょうか?

バットマン(クリスチャン・ベール)も定義通りのヒーローです。さらに彼なりのルールもあります。夜のみ行動して、決して悪人でも人殺しはしません。あくまで警察への協力者の立場で行動します。

正体は大金持ちのボンボンです。なぜ正義の味方になったのか?はこの前作[ビニギング]で触れられています。その財力でとんでもない武器すら容易に作ります。

いわゆる世間に認められた非公認の警察官みたいなものです。

もう一方、ハービー・デント(アーロン・エッカート)という地方検事の活躍も描かれます。こちらは法律という武器で悪と対峙する公認のヒーローです。

bat223 (5)

街をパニックにして攪乱するジョーカーはデントも巻き込んでいきます。バットマンとデント、警察の三者の協力でジョーカー捕捉に成功しますが彼の目的は警察の崩壊です。街の治安部の破壊でさらにパニックへと誘います。

ここでのバットマンジョーカーの問答は象徴的なシーンでもあります。

バットマン自身の存在が凶悪の源であり、ジョーカー自身と同類であると説きバットマンの心を揺さぶります。

bat223 (8)

正義のヒーローが悪者の言葉で苦悩します。こんな事ヒーロー物にはありません。その結果、非正規な手段まで利用してジョーカーと対峙します。

bat223 (2)

さらにデントには彼女の殺害から人の信用なんかなく裏切りに満ちていると説き、悪へと誘います。
その結果、デントは悪人トゥーフェイスになります。正義の検事が堕ちてしまいます。


bat223 (3)

ある意味、ジョーカーの思い通りの展開になります。ジョーカー自身はバットマンが自分のルールに従うなら殺される事もないし、例え殺されてもバットマンのルールは崩れ、人々の批判も更に増幅させることができます。さらに検事も殺人鬼にしてしまいました。

これでもかと言わんばかりに仕掛けてくるジョーカー恐怖そのものです。この悪役っぷりはそれまでのジャック・ニコルソン版ジョーカーを超えてます。

bat223.jpg

bat223 (6)

結局、バットマン自身がヒーローである事を全否定して警察に追われる身になることで物語は終幕します。

決して気持ちの良い終わり方ではありませんが、ただのヒーロー物にはしない映画とした監督のコンセプトは貫かれています。

そうこの映画にはヒーローはいませんでした。

ラストシーンでのジョーカーに対するットマンのあきらめの表情はヒーローがしてはいけない顔です。

bat223 (7)

この問題作の続編は一切ストーリーは伏せられていて予告しか見れませんが、このバットマンがどうなったのか?はもの凄く興味があります。来月、見に行きます。

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。