HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュールな近未来へ

[未来世紀ブラジル] (1985)

buraz (1)

監督/テリー・ギリアム 出演/ジョナサン・プライス/ロバート・デ・ニーロ


テレビで辛口コメンテーターとしても有名な青山繁晴さんのおすすめ映画として紹介しているのを見て今回はこの映画を紹介。

20世紀のどこかの国(明らかにアメリカを意識した)を舞台にした近未来SF映画です。いわゆるカルト映画と呼ばれる作品で全編にシュール感たっぷりの作品。

社会問題の評論家の先生がおススメだという事でお堅い映画と思っていましたがとてもライトでさらっと視聴できてしまいます。

監督のテリー・ギリアムという人はイギリスのコメディ集団"モンティ・パイソン"の元メンバー。
"モンティ・パイソン"は日本でいうところの"クレイジー・キャッツ"あたりか。シュールなギャグが売りだったそうでその感じはこの映画でも十分理解できます。


近未来のどこかの国は国家が国民を完全管理した世界でありすべてが情報管理されたある意味スマートな国家です。そこに住む人々はすべてオートメーション化された生活環境の中暮らしていて国家官僚である事がステータスとされています。

ブラジル1 (5)

文章で書くととても理想的な国家像に見えますが映像はすべて皮肉たっぷりに表現されていてシュール感が全体を包んでいます。

舞台の街に映し出されるすべての物はその社会構造(エリート階級と貧困なスラム)そのものでありもっとも象徴的なものとして"ダクト"が使われています。"ダクト"が整然と整理されている家庭は上流階級であり、乱雑な状態の家庭は貧困層という解りやすい表現です。

冒頭からエリート官僚の実はいい加減な行動から簡単に貧困層の国民一人の自由が奪われるエピソードが描かれ、その体質は本当は不健全だという国家=悪の構図だとする監督の明確な主張が見えてきます。

ブラジル1

主人公はそんな生活に順応できない人間として描かれいてこの世界では完全に異端の存在です。母の手前、社会的には国家官僚として働いていますが出世なんて望んでいません。彼の唯一の楽しみは夢の世界でした。

ブラジル2 (4)

夢の世界では彼はヒーローであり悪を倒して美女を助けるという設定で何度も夢みます。これは完全にこの社会構造を表したものでそんな世界を倒すものとしての象徴として美女が存在しています。

ブラジル3 (2)

そんな彼の前に夢の中の美女、そして理想のヒーローのような人物を目にします。このヒーロー(映画内ではテロリスト)はなんとロバート・デニーロです。びっくりしました。美女もヒーローもそれは"自由"の象徴です。

ブラジル2 (2)

ブラジル1 (3)

そんな二人と関わっていく事で彼は周りの世界も見えないかのように自分の意志のまま行動していきます。

中盤は彼の行動がテンポよく描かれ自由への彼の憧れがどんどん加速しているかのように見えます。しかしその無謀な行動を国家が黙ってるわけありません。彼は犯罪者として拘束されてしまいます。

ブラジル1 (4)

厳しい拷問が始まる中、あのヒーローが空より救出にやってきます。脱出成功した主人公はあの美女と共にこのおかしな国からの脱出劇が始まります。アクション映画?かのようなスピード感溢れる映像です。

この逃走シーンはまるで主人公が幻覚を見てるかのような映像が映し出されていて、飛び飛びのいろんなシーンが連続で続いていきますが最終的にはあの美女を共に脱出成功してのどかな田舎で暮らしている映像で終わります。

ブラジル2 (3)

ブラジル1 (6)

そしてラストカット。

ブラジル1 (2)

この主人公は監督自身が経験した苦い体験を元にしたものらしくそれをブラジル独立の物語と重ね合わる発想という構想から作られました。

自由の象徴のもう一つは映画のBGMとして使われる"ブラジル国歌"。あらゆる場面でこの曲は使用されます。国歌の歌詞そのものが自由を勝ち取る市民の内容であり、物語と大きくリンクしています。タイトルの意味も多分そこからかと。

ブラジル3

でも最初に書いた通り、この映画はシュールなものである事を忘れないで下さい。それはラストカットで何となく解ると思いますが....

多分、青山さんの話を聞いていなければ絶対に見る事が無かった映画です。いい映画を見ることが出来てとても感謝です。


[高画質で再生]

『未来世紀ブラジル』(Brazil) 吹替え [無料ライブチャット]

スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

STAR WARSのまとめ

[STAR WARS episode1~6] PART3

was1.jpg

制作総指揮/ジョージ・ルーカス


新3部作はストーリーの時系列的には旧3部作以前の物語になります。おおまかにはダース・ベイダーの物語。
元は正義の心を持つ騎士だったアナキン(ダース・ベイダー)がなぜダークサイドへ転落したのかを描く悲しいストーリーです。


[episode1~ファントム・メナス] (1999) 監督/ジョージ・ルーカス

was11.jpg

導入部にあたるこの第1話はアナキンの少年時代を中心にすべての根源となる"フォースとは?"や"ジェダイの騎士の存在意義"が描かれています。主役が少年の為、活躍も制限されてしまいますが、他の豊富なキャラが捕捉していて十分楽しめます。CGもフル活用して旧3部作をも十分凌ぐ映像が作られています。タイトル通り見えざる敵、シスの存在が提示されこの後の悲劇を暗示させます。

ただダース・ベイダーがまだ存在していないんで強力な悪の象徴を何とか用意しなくてはと...

was14.jpg

ダース・モールはインパクトは大ですがストーリー的には残念なキャラです。もうちょうとキャラのバックボーンを見せれたら存在感が増したはずですが。

[episode2~クローンの攻撃] (2002) 監督/ジョージ・ルーカス

was12.jpg

アナキン青年時代の物語。青年期特有の葛藤と心境変化と時代の変わり目をシンクロさせて展開していきます。
旧3部作の世界の裏付けがこの第2話から少しずつ見えてきます。そうだったのか!と思わせてくれるんでファンにはうれしいです。

とくに帝国軍の原型であるクローン兵士が妙にかっこいい。

was15.jpg

王道シーンもたくさんあり、特にたくさんのジェダイ騎士の立ち回りが見れるシーンは興奮します。

アナキンという人物の性格や強さが凄く理解できる内容です。尊厳者という立場のジェダイが戦争行為に加担していることが正しい行為のように描写されているのは映画公開の前年に起きた9.11のテロ、その後のアメリカの行動にだぶって見えてしまいます。

[episode3~シスの復讐] (2005) 監督/ジョージ・ルーカス

was13.jpg

アナキンがダース・ベイダーとなる最終話です。ルーカスも最後とあってかなり気合入っている仕上がり。全体がダーク感に満ちている雰囲気ですが王道アクションは健在です。見所もたくさんあります。

オビワンVSグリーバス、ヨーダVS皇帝の名勝負のシーン。
そして焔の中の悲しい師弟の対決は圧巻。アナキンの心の叫びに感情移入してしまいます。アナキンの怒りとダークサイドの象徴の色"赤"が全体を支配した画面が凄く印象的でした。


アナキンが身を包む黒の衣装とのライトセーバーで彼がダークサイドに堕ちた事が見てとれます。その理由は非常に単純なものであり誰しもが普通に考える事です。自由を求める行為として行動するアナキンと残虐行為と結びつけるルーカスの演出には疑問はあります。ここにもアメリカ人的な発想が見えてしまうからです。いわゆるテロ行為です。もとはこういう展開では無かったかもしれませんが、運悪くあの事件が重なりルーカスの新たな解釈が加えられてしまったのかも。そういう意味ではあまりいい評価できません。

was16.jpg

でも新シリーズ中ではSF映画として一番見応えのある映画です。

僕の考える[STAR WARS]とは?

この全6話からなるスペースオペラは"キリスト教のおしえ"そのものと言えます。
ルーカスはこの世界(特に西欧)で一番有名な"聖書"の内容をモチーフにする事で共感できる映画としたと思います。


第1話から第3話のまとまりは"旧約聖書"にあたります。その中に登場する堕天使ルシファー。神々をも超越しようとしたルシファーは大天使ミカエルらによって天界を追放されてしまいます。ルシファー=アナキンでありミカエル=オビワン、神々=ジェダイと位置付けば話のおおよそは重なります。そうなるとヨーダ=ガブリエル、アミダラ=ラファエルに対応しているように見えます。
日本文化に精通していたルーカスはアミダラを"阿弥陀如来"をイメージしていたかも。仏教観も知っていたはずです。


そしてアダムとイブはミカエルによって地上へ導かれます。アダム=ルーク、イブ=レイアとしたならそれはラストシーンと重なります。

第4話から第6話のまとまりは"新約聖書"にあたります。混沌とした地上は帝国軍に支配されている銀河系であり、ジェダイの教えによって導かれたルークによりダース・ベイダーは救われます。これは罪びとが神に懺悔することで神の愛の力で救済されるというキリスト教の教えと重なります。

当初、ルーカスは全9話の構想でしたがある時期から全6作で完結と話しています。当然です。
新3部作が光から闇へ向かうものなら旧3部作は闇から光へ向かいます。継続はまた闇へ向かってしまうからです。


世紀の大ベストセラーをモチーフにしてSF世界を舞台に圧倒的な映像世界で再現されたこの映画は"現代の聖書"ともいえるんじゃないでしょうか。

ただ残念な事は新シリーズ公開時期と重なってしまったことでアメリカのテロに対する正義の主張が多少含まれてしまった事です。なぜなら旧シリーズでのルークたちの行動は国家に対するテロ行為そのものだからです。旧シリーズは平和を求める正しい行動と解釈できます。
作製年代の時代観のずれみたいなものを感じます。これが無ければ素晴らしい映画なのにとお思い終わりたいと思います。

テーマ : この映画がすごい!!    ジャンル : 映画

伝説のSF三部作

[STAR WARS episode1~6] PART2

star1 (1)

制作総指揮/ジョージ・ルーカス


[episode4~新たなる希望] (1977)  監督/ジョージ・ルーカス

star1 (2)

SFをベースにした壮大なおとぎ話を構想したのがジョージ・ルーカス。この映画が公開された時代の映画の流行は内省的な内容がメインとなるアメリカン・ニュー・シネマでした。SFの扱いが相当低いこの時代に敢えてこの映画を企画したルーカスさんを讃えたい。

ある意味"賭け"です。当たれば万歳ものだがコケればB級SF映画に成りうるものでしょう。絶対ヒットさせてやる!という執念はルーカスの設定や演出で大変よく解ります。あらゆるおもしろ要素を凝縮させた内容にもう一つSFに欠かせない"特撮"をどう見せるか?ここが安っぽければ結局B級だ!になってしまいます。ルーカスは多分この映画の8割以上はこの部分"特撮"に力を入れたと思います。

kako-3ojNgPfuKKOG9xoJ.jpg

完成した映画を見れば解りますが物凄い"特撮"です。実際にあらゆるミ二チュア模型などを駆使して撮影されました。CGなど無い時代にここまでの映像を完成させた努力は相当なものだったでしょう。

間違いなくこの映画はその後の映画に大きな影響を与えています。撮影技術の進歩、SF映画の価値観の変化、映画の音響効果....

ルーカスはすでにこの作品を全9作で完結する構想がありその中で最も映画化しやすく共感しやすい4話目を選択。結果、大ヒットします。もしコケていたならこのシリーズは存在していなかったでしょう。
[STAR WARS]全作品の中でBEST1をあげるならばこの[episode4~新たなる希望]しか考えられません。ここに全要素が含まれています。

[episode5~帝国の逆襲] (1980)  監督/アーヴィン・カーシュナー

前作の大ヒットで映画化され第5話の作品。

star1 (3)

前作と次作を繋げる役割を持つ作品です。ファンへの期待を裏切らない内容と進化した"特撮"さらに次作の為の伏線もしっかりはられています。新キャラも大量に登場してまさにファン泣かせの作品です。


さらにここで物語の最重要ポイント、ダース・ベイダーとルークのつながりが明かされます。ルークVSベイダーのシーンはファンには名シーンです。

結末は善対悪を引き分けにする事で次作への期待度を上げ、最終話を盛り上げていく展開を作りあげています。

[episode6~ジェダイの帰還] (1983)  監督/リチャード・マーカンド

全ての謎の決着をつける作品であり前期3部作の最後の作品。

star1.jpg

前2作がSFアクションがメインとしてテンポよく進むのに対してこの作品はメインキャラの心情が中心に物語は展開していきます。ストーリー上ここがあやふやになるとラストの大切なシーンの重みが薄くなってしまい前2作の必要性すら疑問になってしまいます。だから全体的には重たい感じがしますがちゃんと決着してくれています。

たくましく成長した主人公が悪を倒す勧善懲悪の内容に裏テーマの親子の絆も含まれたこの作品はファンの思いをしっかり表現してくれた素晴らしい映画です。


こうして見ると前期3部作はルーカスのアイデアとファンの期待が共に刺激し合いながら成長してきたシーリーズ映画の最高峰なのではないんでしょうか。

へたすればアイデアの詰め込みすぎで広がりまくった世界を収束させるのは困難です。しかしこの3部作がその状態に陥らないでいれたのはルーカスのしっかり作られていたシナリオがあったから。それがブレなかったからです。

kako-5yo8N7v5zm8dmuX6.jpg

しかしルーカスはこれ以上の作品化は断念してしまいます。それは撮影技術の限界を感じたからです。
多分、作ろうと思えば出来たはずです。それを拒んだのは既存の技術をだらだら垂れ流して作るものに魅力を感じない。常に新しいものを作ろうとする製作者魂です。商業的には必ず成功する確信のあるものを棄てる勇気もたいしたものです。


その後、CGが生まれて映像は進化します。この技術に注目したルーカスは幻の続編制作への意欲をあらわします。がまだ生まれたばかりのCGを自分がものにするまでは着手しません。

前期3部作をこの技術を使用してまずリメイクします。いわば実験的です。この作業でCGの無限の可能性を見い出していよいよ新3部作にとりかかります。呆れるほどのこだわりですが、この位の情熱が無ければ映画なんて作れないというルーカスの信念や性格がよく解ります。

kako-4G6qBppCkmJASrAI.jpg

それから16年という時を経て新シリーズ(episode1~3)は始まりました。次回へ。


テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

思い出の映画

[STAR WARS episode1~6] PART1

omoide (2)

制作総指揮/ジョージ・ルーカス


僕が見た初めての映画です。

小学生の低学年の頃、下校時に校門前で映画のチケットが配られていました。そこには見た事もない黒いマスクの男と光る剣をかざす若者が描かれていてよく解らないけど物凄く興味を持ちました。


家に帰ってそれを親に見せた時、そのチケットはタダ券では無く割引券と判明!仕方なく全財産のおこずかいをはたき、当時の友人と映画館に向かいました。

街に一軒ある映画館。ぼろぼろで汚い、しかも一般映画と成人映画の入り口が同じもので子供ながらに近づくべき場所じゃないと思っていた場所です。しかしそこで上映。初映画館デビューしました。


そもそも映画とは何かもよく解っていないんで入ればすぐ見れると思っていました。そうです。上映開始時間というものを知りませんでした。当然、[STAR WARS]なんかやってません。当時、当たり前のように映画は2本同時上映が主流。上映されていたのは[男はつらいよ]。しかもまだ中盤位で仕方なく1時間以上見るはめに....

[男はつらいよ]終了後、一目散に最前列へ!始まるまでの緊張感は初体験。どきどきが最高潮の瞬間、サイレンのような音と共に照明が消え幕が開きました。そしてあの有名なオープニング。映画とはこんなに凄いものなのか!テレビとは全然違う!

ここからは別世界です。次の驚きは字幕です。まだ低学年でろくに漢字も読めません。おまけに物凄い速さで切り替わります。
もう字幕しか見ていない状態。途中であきらめました。この時点で詳しいストーリー解りません。
でも映像は大迫力!小学生の大好物、宇宙、エイリアン、ロボット、宇宙船....十分です。


omoide.jpg

この幼い頃の小さな冒険は映画の冒険ストーリーとシンクロしていて今でも鮮明に覚えています。
だから僕にとってこの映画は映画の楽しさを教えてくれた作品としてまったく別の存在でもあります。


大人になってリバイバル上映[episode4~6]があり、新シリーズスタート[episode1~3]とあの頃を思い出し再興奮しました。
当然見方も変わり、客観的に見たうえでこの映画がなぜこんなにも大人気映画として今も君臨しているのか?


omoide (1)

次回紹介したいと思います。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。