HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎だらけのラストシーン

[野獣死すべし]  (1980) PART3

images55.jpg


ここから終盤。洞窟のシーンから問題のラストシーンへ。

松田優作の一人芝居のボルテージは上がります。

yu (3)

トリップ中の伊達は夢中で戦地の悲惨な思い出を語っています。

その間、夢中で死体の写真を撮り続けています。この矛盾な行動。

この間に悲惨な写真のカットイン。

yuusa (2)

演劇のような演出と映画の編集の演出がミックスされたこの不思議なシーンのせいで尚いっそう伊達の不気味さが増していき、とどめの「天上天下唯一独尊のポース。しかも逆手で表現しています。

yu (5)

これは指示演出か?アドリブか?どっちにしろたまげた演技です。何を意味してのポーズなんでしょうか。

僕の勝手な解釈はインテリ人間がニーチェの思想を原体験、検証した結果、彼の有名な"善悪の彼岸"を実証した象徴か?または「天上天下唯一独尊」の誤訳の正統性か?謎めいた演技はおもしろいです。

ここで演劇は終わります。ここから問題のラストシーン

クラシックコンサートの間に眠ってしまう伊達
目が覚めると誰もいません。そうあの"リップバーンの話"と同じ状況。

そして奇声を二発。

yu.jpg

外に出ると銃声!

yu (4)

殺したはずの柏木が現れ、ぶっ倒れる伊達。

yu (6)

俯瞰の乱れた映像。

yu (2)

エンドロール。

謎だらけです。洞窟シーンで終われる事も出来たのになんでこのシーンがラストにあるのか?

このシーンの解釈はいろんな意見があってそれぞれ納得出来たり、出来なかったりといろいろです。

僕も勝手な解釈をするとこの映画は道徳教育の為の架空の話でこんな間違った考えの人間は最後には抹殺されますよ。(タイトル通り)
というニーチェが言うところの絶対多数側の信仰の道徳のおしつけする教育ビデオを見せられた感じ(最後の粗い映像はフィルムの切れ目みたいな)です。

それを異端側を敢えて美化することで世間の道徳を皮肉った映画かなと。かなり斜めな解釈ですけど。
まあ、一般的には夢オチという見方でつじつまがあうんですけど、今回はニーチェにこだわったんでこんな解釈になりました。

すでに30年たってもこうしていろんな見方が出来るこの映画は傑作であり、松田優作は名優であるというのは絶対多数と思いますが。


スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画


[野獣死すべし]  (1980) PART3ここから終盤。洞窟のシーンから問題のラストシーンへ。松田優作の一人芝居のボルテージは上がります。トリップ中の伊達は夢中で戦地の悲惨な思い出を

Comments

Leave a Comment


Body

time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。