HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の痛む映画

[容疑者xの献身] (2008)

kako-yWifkl0WYxeGzRsZ.jpg

監督/西谷弘 出演/福山雅治/堤真一/松雪泰子


監督はテレビドラマ版[ガリレオ]も手掛けていた西谷弘。同じ監督なのにまったく別物として制作されています。
映画タイトルに[ガリレオ]の表記が無いのもそういう意図があるからでしょう。

テレビのドラマシリーズのような派手な演出は一切無いんでガリレオファンにはもの足りないでしょうが、僕はこの[ガリレオ]のほうが好きです。


原作は東野圭吾の大ベストセラーです。

当然、主役は当然、湯川教授(福山雅治)。物理学の天才であり難事件の捜査協力はテレビ版とほぼ同様です。関わる事件の犯行動機には興味は無く、あくまで説明不可能な犯行を物理学的に証明することが第一という性格です。

福山雅治はそんなに演技がうまいとは言えませんが独特のくせのある演技があり、それがそのまま湯川教授のイメージ像を完成させています。でも今回は意識してそのイメージ像とは違う湯川教授を演技しているように見えます。
それは今回は科学で証明できない"愛"を証明しなくてはならないからです。これがこの映画のテーマだと言えます。


その湯川と対峙するのが数学の天才、石神(堤真一)です。暗く物静かなこの男は隣に住む母子家庭に起きた突発的殺人事件の隠ぺいの協力し、天才的な論理でアリバイを作成、捜査を行き詰まらせます。


捜査員の草薙(北村一輝)と内海(柴咲コウ)は湯川に捜査協力を要請しますが科学と無縁の難事件には興味はありません。しかし限りなく容疑者に近い人物、花岡靖子(松雪泰子)の隣人が大学時代の友人、石神であることを知るとこの事件に興味を持ち始めます。

この前半部分だけで「この映画はおもしろいかも」という期待値が跳ね上がりました。

捜査とは無関係に湯川は石神に接触。ただの親子に綿密なアリバイ計画は立てる事は不可能だが、天才の石神の協力したならば?という仮説をもとに石神の天才の能力を"リーマン予想の否定証明"を用いて検証。その能力に衰え無しを実証します。

x2.jpg

この"リーマン予想の証明"は数学界の最大の謎です。今から約150年前に発表され今だに証明されていない位の難問です。その否定証明のミスを6時間で見つけるとはまさに天才です。



湯川は内海と共に現場を再検証、そこから推理を展開します。しかし石神が関与する動機はわかりませんでした。



二度目の対面時に花岡の経営する弁当屋での石神の表情、初対面時の湯川の若さへの憧れから湯川は石神の花岡への恋心が事件関与の動機と睨みます。このあとの湯川の挑戦状のようなセリフに対する石神の何とも言えない表情、ここから二人の天才の戦いが始まります。


x2 (7)

x2 (4)

ここが前半部の一番の見せ場です。二人とも素晴らしい演技です。

石神の巧みな指示で花岡親子のアリバイは崩せませんでした。捜査方針のやり直しが始まりますが、湯川の良き理解者である内海と草薙は湯川の推理を信じています。
この時点で石神の作る問題の証明は湯川には解けませんでした。


この完璧な問題に新たな要素が加わります。それは花岡靖子の知人の存在です。この辺の描写は石神の激しい嫉妬と花岡の恐怖を表して二人の信頼関係のひびわれかのように視聴者へ思わせます。

このあと、湯川はあるヒントから問題を見破ります。
そして三度目の対面。ここで湯川は石神のトリック証明をほのめかしますが語りません。

お互いの友情を信じる湯川に対して友達はいないと言い切る石神。
ここで石神の今までの人生がどんなに寂しいものだったのかが解るシーンで大切なセリフです。

x1 (4)

この時、石神に何等かの変化が生まれたのかもしれません。何かを悟ったような爽快感を見せています。ここで新たな要素を加えた新たな問題を完成させたんでしょう。

x1 (7)

石神は花岡に最後の指示(二通の手紙)をした後、自首します。全ては花岡へのストーカー行為が動機の殺人と供述。物的証拠や殺害方法はすべて合致します。これが石神が作った新問題。完璧に花岡親子を救う方法です。
劇中同様、映画を見ている側の思い込みの盲点をつく。びっくりしますね。でもこのトリックはこんなものではありません。のちに解る全容を知ればさらにびっくりします。


この時の湯川の落胆シーンはどういう感情だったのか?

x1 (8)

最初の問題は見破っていましたがこの新たな問題を作り湯川を混乱させる。
多分、湯川はそれほどまでの花岡親子を守る執念の根本は何なのか?科学的に解明出来ない形而上学的な問題に湯川が初めて取り組む事を決意する重要な場面と感じました。


また数学者としての石神の作ったこの問題はこの終わり方が一番美しい形だったのかもしれません。拘束中の笑顔から感じました。

x2 (8)

仮想ですが三度目の対面時までは石神は本気で嫉妬していたんではないかと。湯川の友情を知った石神は人が持つ愛情の意味を悟り、冷静に花岡という女性の存在を問いなおしたんではないかと。もし雪山での対面が無ければ石神は違う行動をしていたのかも知れません。だから石神にとっての湯川はある意味、最も美しい問題作成の大きなヒントを与えたのかも知れません。

第四の対面。取り調べ室でのシーン。

x1.jpg

ここで湯川は最初の問題の証明をします。そして石神の執念の真意を確かめようと試みます。
したたかにかわす石神。でもその会話に湯川への友情が見えてきます。唯一の友と思える存在を石神は感じます。



ではその執念の真意とは?花岡へ最後にあてた手紙の内容。
人生を捨て掛けた石神の隣に越してきた花岡親子とのささやかな触れ合いに生きる喜びを持てたこと、そしてその家族を救おうとする無償の愛こそが石神の動機です。自分の人生さえも犠牲にする、まさにタイトル通りの献身です。


ラストシーン。連行される石神の前に現れる花岡。

x1 (6)

彼女の自首するという事に絶句し、泣きふせる場面。この映画の最大の名シーン

x2 (3)

ここでの堤真一は演技を超えています。まさに石神自身になっています。あの"慟哭"は完璧に救えなかった自身へのくやしさと花岡の愛からこみあげる例えようのない涙です。この声を聞く湯川もまた唯一、石神のくやしさを理解できる人物です。

湯川には石神の無償の愛までは追究できていないと思います。ただ"深い愛"という事しか。

最後の場面、湯川と内海の会話。内海のセリフから湯川は石神の本当の真理に触れたのかもしれません。

x1 (2)


最後まで見てずっと心が痛くなり続けた映画としてとても記憶に残った映画でした。


動画:容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

福山雅治の素晴らしいところはこの作品を理解し感じとって名曲、[最愛]を作った事です。実に深いです。


スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画


Comments

Leave a Comment


Body

time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。