HEADmans' 勝手におすすめ~邦画、洋画

無料の最近見た動画の感想や小ネタをいろいろ紹介。NET視聴できるもの中心です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の痛む映画

[容疑者xの献身] (2008)

kako-yWifkl0WYxeGzRsZ.jpg

監督/西谷弘 出演/福山雅治/堤真一/松雪泰子


監督はテレビドラマ版[ガリレオ]も手掛けていた西谷弘。同じ監督なのにまったく別物として制作されています。
映画タイトルに[ガリレオ]の表記が無いのもそういう意図があるからでしょう。

テレビのドラマシリーズのような派手な演出は一切無いんでガリレオファンにはもの足りないでしょうが、僕はこの[ガリレオ]のほうが好きです。


原作は東野圭吾の大ベストセラーです。

当然、主役は当然、湯川教授(福山雅治)。物理学の天才であり難事件の捜査協力はテレビ版とほぼ同様です。関わる事件の犯行動機には興味は無く、あくまで説明不可能な犯行を物理学的に証明することが第一という性格です。

福山雅治はそんなに演技がうまいとは言えませんが独特のくせのある演技があり、それがそのまま湯川教授のイメージ像を完成させています。でも今回は意識してそのイメージ像とは違う湯川教授を演技しているように見えます。
それは今回は科学で証明できない"愛"を証明しなくてはならないからです。これがこの映画のテーマだと言えます。


その湯川と対峙するのが数学の天才、石神(堤真一)です。暗く物静かなこの男は隣に住む母子家庭に起きた突発的殺人事件の隠ぺいの協力し、天才的な論理でアリバイを作成、捜査を行き詰まらせます。


捜査員の草薙(北村一輝)と内海(柴咲コウ)は湯川に捜査協力を要請しますが科学と無縁の難事件には興味はありません。しかし限りなく容疑者に近い人物、花岡靖子(松雪泰子)の隣人が大学時代の友人、石神であることを知るとこの事件に興味を持ち始めます。

この前半部分だけで「この映画はおもしろいかも」という期待値が跳ね上がりました。

捜査とは無関係に湯川は石神に接触。ただの親子に綿密なアリバイ計画は立てる事は不可能だが、天才の石神の協力したならば?という仮説をもとに石神の天才の能力を"リーマン予想の否定証明"を用いて検証。その能力に衰え無しを実証します。

x2.jpg

この"リーマン予想の証明"は数学界の最大の謎です。今から約150年前に発表され今だに証明されていない位の難問です。その否定証明のミスを6時間で見つけるとはまさに天才です。



湯川は内海と共に現場を再検証、そこから推理を展開します。しかし石神が関与する動機はわかりませんでした。



二度目の対面時に花岡の経営する弁当屋での石神の表情、初対面時の湯川の若さへの憧れから湯川は石神の花岡への恋心が事件関与の動機と睨みます。このあとの湯川の挑戦状のようなセリフに対する石神の何とも言えない表情、ここから二人の天才の戦いが始まります。


x2 (7)

x2 (4)

ここが前半部の一番の見せ場です。二人とも素晴らしい演技です。

石神の巧みな指示で花岡親子のアリバイは崩せませんでした。捜査方針のやり直しが始まりますが、湯川の良き理解者である内海と草薙は湯川の推理を信じています。
この時点で石神の作る問題の証明は湯川には解けませんでした。


この完璧な問題に新たな要素が加わります。それは花岡靖子の知人の存在です。この辺の描写は石神の激しい嫉妬と花岡の恐怖を表して二人の信頼関係のひびわれかのように視聴者へ思わせます。

このあと、湯川はあるヒントから問題を見破ります。
そして三度目の対面。ここで湯川は石神のトリック証明をほのめかしますが語りません。

お互いの友情を信じる湯川に対して友達はいないと言い切る石神。
ここで石神の今までの人生がどんなに寂しいものだったのかが解るシーンで大切なセリフです。

x1 (4)

この時、石神に何等かの変化が生まれたのかもしれません。何かを悟ったような爽快感を見せています。ここで新たな要素を加えた新たな問題を完成させたんでしょう。

x1 (7)

石神は花岡に最後の指示(二通の手紙)をした後、自首します。全ては花岡へのストーカー行為が動機の殺人と供述。物的証拠や殺害方法はすべて合致します。これが石神が作った新問題。完璧に花岡親子を救う方法です。
劇中同様、映画を見ている側の思い込みの盲点をつく。びっくりしますね。でもこのトリックはこんなものではありません。のちに解る全容を知ればさらにびっくりします。


この時の湯川の落胆シーンはどういう感情だったのか?

x1 (8)

最初の問題は見破っていましたがこの新たな問題を作り湯川を混乱させる。
多分、湯川はそれほどまでの花岡親子を守る執念の根本は何なのか?科学的に解明出来ない形而上学的な問題に湯川が初めて取り組む事を決意する重要な場面と感じました。


また数学者としての石神の作ったこの問題はこの終わり方が一番美しい形だったのかもしれません。拘束中の笑顔から感じました。

x2 (8)

仮想ですが三度目の対面時までは石神は本気で嫉妬していたんではないかと。湯川の友情を知った石神は人が持つ愛情の意味を悟り、冷静に花岡という女性の存在を問いなおしたんではないかと。もし雪山での対面が無ければ石神は違う行動をしていたのかも知れません。だから石神にとっての湯川はある意味、最も美しい問題作成の大きなヒントを与えたのかも知れません。

第四の対面。取り調べ室でのシーン。

x1.jpg

ここで湯川は最初の問題の証明をします。そして石神の執念の真意を確かめようと試みます。
したたかにかわす石神。でもその会話に湯川への友情が見えてきます。唯一の友と思える存在を石神は感じます。



ではその執念の真意とは?花岡へ最後にあてた手紙の内容。
人生を捨て掛けた石神の隣に越してきた花岡親子とのささやかな触れ合いに生きる喜びを持てたこと、そしてその家族を救おうとする無償の愛こそが石神の動機です。自分の人生さえも犠牲にする、まさにタイトル通りの献身です。


ラストシーン。連行される石神の前に現れる花岡。

x1 (6)

彼女の自首するという事に絶句し、泣きふせる場面。この映画の最大の名シーン

x2 (3)

ここでの堤真一は演技を超えています。まさに石神自身になっています。あの"慟哭"は完璧に救えなかった自身へのくやしさと花岡の愛からこみあげる例えようのない涙です。この声を聞く湯川もまた唯一、石神のくやしさを理解できる人物です。

湯川には石神の無償の愛までは追究できていないと思います。ただ"深い愛"という事しか。

最後の場面、湯川と内海の会話。内海のセリフから湯川は石神の本当の真理に触れたのかもしれません。

x1 (2)


最後まで見てずっと心が痛くなり続けた映画としてとても記憶に残った映画でした。


動画:容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

福山雅治の素晴らしいところはこの作品を理解し感じとって名曲、[最愛]を作った事です。実に深いです。


テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画

最後まで一気に見てしまう!

[キサラギ]  (2007)

kisaragi.jpg

監督/佐藤祐市 脚本/古沢良太

出演/小栗旬/ユースケ・サンタマリア/小出恵介/塚地武雅/香川照之


この映画の出演している役者さんは上の5人しかありません。しかも1セットのみの撮影。
一年前に亡くなったアイドルの死の真相に5人のアイドルおたくが推理していくワンシチュエーションサスペンス。


kisa.jpg

感想はストレートにおもしろい。いい脚本といい役者が揃えばこんなに良いものが作れるんですね。

古沢良太もこのワンシチュエーションの設定はいつか書きたかったというように練りに練った脚本は素晴らしいものがあります。

一癖も二癖もある4人のキャラと話の廻し役に小栗旬

kisa (2)

この5人の絶妙な掛け合いが映画の核です。まるで芝居を見てるよう。

kisa (5)

kisa (3)

kisar.jpg

小栗旬以外はあくの強い演技で見てるほうはぐいぐい引き込まれていきます。でも小栗旬も後半、見せ場があります。

ストーリーを話すともったいないんで触れません。

しかしどうやって撮影したんでしょうかね。本気の芝居のように通しで演じたものを何テイクか撮って編集したのか、その中のベストテイクを使用したのかこのライブ感はぶつ切りテイクではできないような気がします。

随所に小ネタもあるなかなか憎い演出や無理やりぶち込むCG、最後にはどんでん返しと、おもしろいと思うアイデアをすべて掘り込んできます。そのチープ感も笑えます。

僕が好きなキャラは香川照之

kisa (4)

今や歌舞伎界の人となった方がこんな役してるのかという驚きと役者の心意気を感じ拍手ものですよ!

人にすすめたくなる邦画のNO.1の作品でしょうね。


[高画質で再生]

【映画】キサラギ(2007) []


テーマ : この映画がすごい!!    ジャンル : 映画

男の夢

[モ・テ・キ] (2011)

moteki.jpg

監督/大根仁 出演/森山未來/長澤まさみ/麻生久美子


ドラマから発展して映画化のパターンの中では残念な映画が多い中、この作品はとても面白い映画のひとつです。

その理由は解りやすい内容に好きな役者の多さ、センスのいい音楽にニヤッとさせるユーモア感。最近の邦画は大金かけて作る大作よりもこの位の感じの邦画のほうがおもしろいものがたくさんあります。

男にならどんな人でも一度は体験するモテ期。ずっとモテ期な人もいれば周期的に来る人、リア充でない人もSNS上では神的にモテまくる人などその形は様々です。

ネット依存でサブカル好きの童貞、典型的なおたく野郎、藤本幸世は森山未來が演じています。好演です。

mo (5)

おたくな男がリア充的に恋愛していく様は男の僕が見ていてもイラッとさせたりニヤッとさせたりさせます。

その幸世の心情は"2chの世界"の言葉を多用していちいち説明されたり、ツィッターを利用したり音楽で表現されたりとネット住民の心をくすぐる仕掛けもおもしろいです。

mo (2)

とくに選曲がいいです。情けないときは♪格好悪い振られ方、楽しいときは♪Baby Crusing Love、悲しいときは♪東京などセンスいい!

mo (11)

それに加えて松尾みゆき役の長澤まさみの熱演!

mo (3)

大作でもないのに体を張っての演技は彼女の清純のイメージをぶち壊して新たな魅力を開いています。しかも呆れるほどかわいい。これを見るだけでも価値ありの映画です。

mo (4)

必見は"TENGA Tシャツ"。これよく着ましたね。
ところで"TENGA"は世紀の大発明品です。男子専用ですが。


mo (10)

モテ期なんで関わる女子は一人ではありません。

あと三人の美人女優がいます。僕の一押し、麻生久美子は見せ場があります。


mo.jpg

幸世にふられて泣きじゃくるシーン。僕なら迷わず彼女を選びますけど。

mo (8)

ラストは幸世の一途?な思いがどうなるか。は見てのお楽しみで!

mo (7)

とにかく何も考えなくても楽しめる映画です。

テーマ : ★おすすめ映画★    ジャンル : 映画

パチンコ勝負!!

[カイジ2 人生奪回ゲーム] (2011)

カイジ2 (2)

監督/佐藤東弥 出演/藤原竜也/吉高由里子/伊勢谷友介



前作[カイジ 人生逆転ゲーム]の続編。

カイジ(藤原竜也)が再び、堕落して地下労働施設で生活しているところから始まります。

本編のメインストーリーは原作でもとてもおもしろかった"沼編"がメインで、やや設定は変更されています。
裏カジノの支配人、一条(伊勢谷友介)が今回の敵であり、勝負は"沼"と呼ばれる難航不落のパチンコ台です。

カイジ2

この無茶苦茶なパチンコ台は100%出ない仕掛けがいくつも有り、それを操作し管理するのが一条です。前回の強敵、利根川(香川照之)のような圧倒的威圧感はありません。嫌らしいさやずるさが売りのキャラで、伊勢谷友介の悪役はなかなかです。

圧倒的不利なカイジには今回協力者がいます。確かにこんなの一人で攻略できるわけありません。

みじめな過去を持つ坂崎(生瀬勝久)、前回カイジに負けて落ちぶれた利根川、今回の映画の重要キャラである石田裕美(吉高由里子)の3人。
この4人がありえないような攻略法で勝負に挑みます。


kaiji2 (1)

この"沼"はパチンコ台の分類でいわゆる"一発台"といわれるもので、ある特定の箇所に玉が入れば大当たりという凄く単純なもので、フィーバーよりもギャンブル性の高い代物です。

当時、高校生の僕はなけなしのバイト代を握りしめて朝一からこの"一発台"に勝負を挑みほぼ撃沈でした。

この台は釘調整や台の寝かせ(微妙な傾き)でまったく出方が変わります。お店の思うツボです。

こんなギャンブル性の高い代物は現在規制されてホールにはありません。そんなもんの最強バージョンがこの"沼"です。

カイジ2 (1)

この種の台を使うところが"カイジ"らしいですね。人のより激しいギャンブル性を求める性質にはぴったりの機種です。当然、作品中でもたくさんの人間の金を吸いまくっています。

相手が機械なんで前回のような心理戦ではありません。だからどうやって攻略していくかの過程が今回の見どころです。
でも作者は心理戦が大好きなんで原作にはない"姫と奴隷"というゲームも用意されてます。これも人の心の嫌な部分が露出するいやらしい内容のものです。
これは原作にない追加された新たなゲームです。

常識破りのやり方と妙に理にかなったやり方で攻略していくのは単純におもしろいです。しかしまあこのエピソードを映画にするのは当然でしょう。難解な心理のやりとりよりも解りやすいからです。

後半には一条の弱々しい部分が露出してきて、まるで"沼"は擬人化した悪魔のように見えてきます。

kaiji2.jpg

今後、カイジの続編がもしあるならどうなるんでしょうか?残されたエピソードは映画には不向きなものばかりです。まったく新たな設定のゲームを考えるか、原作に忠実にいくか、まあヒット狙いのしょうもないパート3だけはやめて欲しいところです。


動画:kaiji2

kaiji2


テーマ : ★おすすめ映画★    ジャンル : 映画

謎だらけのラストシーン

[野獣死すべし]  (1980) PART3

images55.jpg


ここから終盤。洞窟のシーンから問題のラストシーンへ。

松田優作の一人芝居のボルテージは上がります。

yu (3)

トリップ中の伊達は夢中で戦地の悲惨な思い出を語っています。

その間、夢中で死体の写真を撮り続けています。この矛盾な行動。

この間に悲惨な写真のカットイン。

yuusa (2)

演劇のような演出と映画の編集の演出がミックスされたこの不思議なシーンのせいで尚いっそう伊達の不気味さが増していき、とどめの「天上天下唯一独尊のポース。しかも逆手で表現しています。

yu (5)

これは指示演出か?アドリブか?どっちにしろたまげた演技です。何を意味してのポーズなんでしょうか。

僕の勝手な解釈はインテリ人間がニーチェの思想を原体験、検証した結果、彼の有名な"善悪の彼岸"を実証した象徴か?または「天上天下唯一独尊」の誤訳の正統性か?謎めいた演技はおもしろいです。

ここで演劇は終わります。ここから問題のラストシーン

クラシックコンサートの間に眠ってしまう伊達
目が覚めると誰もいません。そうあの"リップバーンの話"と同じ状況。

そして奇声を二発。

yu.jpg

外に出ると銃声!

yu (4)

殺したはずの柏木が現れ、ぶっ倒れる伊達。

yu (6)

俯瞰の乱れた映像。

yu (2)

エンドロール。

謎だらけです。洞窟シーンで終われる事も出来たのになんでこのシーンがラストにあるのか?

このシーンの解釈はいろんな意見があってそれぞれ納得出来たり、出来なかったりといろいろです。

僕も勝手な解釈をするとこの映画は道徳教育の為の架空の話でこんな間違った考えの人間は最後には抹殺されますよ。(タイトル通り)
というニーチェが言うところの絶対多数側の信仰の道徳のおしつけする教育ビデオを見せられた感じ(最後の粗い映像はフィルムの切れ目みたいな)です。

それを異端側を敢えて美化することで世間の道徳を皮肉った映画かなと。かなり斜めな解釈ですけど。
まあ、一般的には夢オチという見方でつじつまがあうんですけど、今回はニーチェにこだわったんでこんな解釈になりました。

すでに30年たってもこうしていろんな見方が出来るこの映画は傑作であり、松田優作は名優であるというのは絶対多数と思いますが。


テーマ : 心に残る映画    ジャンル : 映画


time
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ!
T=POINT
カテゴリ
FC2カウンター
 
プロフィール

headmans

Author:headmans
僕の気にいった作品のみ紹介していきますんで、残念ながら流行りの映画はまったく興味がありません。当然、音楽も!もし、おすすめの作品ありましたら紹介して下さい。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
フリーエリア
シネマパラダイスch
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。